忍者ブログ
ロボット、千葉ロッテマリーンズについていいかげんなことを書きます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

理系の学部にいると草食でも肉食でもない絶食男子みたいなのがよくいるような気がする。僕もそれです。草ですら食いません。修行僧です。この状態になると男の方が女より人口が多いやら、彼女いる人は5股ぐらいしてるとか本気で錯覚します。いや、錯覚じゃないかもしれない。これも地域格差の一種だろうか。今回は自虐をしてみました。
PR
古本屋で昔週刊少年チャンピオンで連載してたらしい「パクリコン」という漫画
を見つけた。決してパクヨンハが離婚する漫画ではないので勘違いしないこと
内容はというと、パクリコンというナウい名前を名乗る覆面かぶっただけの高校生が
貴重な骨董品やら芸術品を盗んでは削ったり、盗んではビルから落として割ったりして破壊する
ギャグ漫画である。いやでも実際ギャグ漫画っぽい。
登場人物
パク離婚
特徴的な髪形をしてるにもかかわらず覆面しただけで周りに全く気付かれなくなるという天才高校生。最年少記録を持ってるらしいが何の最年少記録かは全く不明。優柔不断らしいがどの辺が優柔不断かは不明。
とっつあん(仮)
警部。決して銭形のとっつあんのパクリではない。10話ではパクを前科があるにも拘らず今回の事件が罪に問われないという理由で見逃してくれたやさしいおじさん。この人が貴重な絵をさしおいてある絵を褒めたのがパクに「分かってるなー」と持ち上げられた直後だったので伏線かと思いきやそんなことはなかった
とっつあんの娘(仮)
当時としては珍しいツンデレ。パクにパンツ見られて「あんたになら見られていいのよっ」はきっとなんかの間違い。度々犯行現場に侵入して盗撮するので範馬刃牙に出てきたピクルに強姦されたレポータ並みの突破力を持ってると推測される。相手がゲイだったので同じ目にはあわずに済んだ。
広域指定一0六号さん
モビルギアというナウい名前を名乗る以外に普通の盗賊。「今時ハイテクの一つも装備がないようじゃ盗っ人としちゃー二流だな」と言いつつもあとから出てくる盗人はあんまりハイテク使ってないので一〇六号さん以外に二流。つまりこの人が神。
金剛番長(仮)
金剛流棒術という技を使う江戸時代のひと。忍者をひきつれているがその忍者の修行が岩に轢かれたり、ロープで宙釣りにされたりしているがシュールすぎてギャグなのかどうかが判別し難い。
いい年して猫のコスプレする人(仮)
パンツ一丁に体中にペイントしてきて語尾に「ニャ」をつけたりつけなかったりするファンタジスタ。性別メス。カラーコピーした等身大の写真に騙されて転落するという近眼過ぎるひと。違う猫だ。猫だから騙されたんだ。
引越し屋さん(仮)
引越センターのふりして盗みを働くがたいてい頼んだ覚えはないと言われるので特に意味はない。南米の集団でATMを強奪する人々とは違いてきぱきと仕事をこなす。「な なんだとお」の一言にこの人たちのすべてが凝縮されている。
スーパーマグナム(仮)
全身隠れる黒いコートに西部劇で出てきそうな帽子が特徴の変態。絶対通報される。国外に出ようとしたところをパクが荷物に銃型の金属製のプレートをはり付けたせいで出られなくなった。前述のナウい格好をしてるせいでバレバレにもかかわらず、なぜマグナム以外の荷物にもプレートをはったのかは永遠の謎。
モグラ(仮)
先生。
段田 はじめ(仮)
いただきなんだなーっ。ぼーくの舌技に勝てるかなーっ。決して下ネタではない。
巨匠(仮)
いぜん意に介さず。
エロテロリスト(仮)
ポットに入ってたのが水ではなく水銀でも全く気付かなかった敏感王。13倍ぐらい重いと思うんですけど。金属だし。
じっちゃん(仮)
盗奥義というナウい名前の技を使う。3巻読んでないので詳細不明。
ゲイ(仮)
ミスターカマロ
と名乗ってるので自覚はある。

なお、この記事は1週間ぐらいで消します。
AKABOSI―異聞水滸伝―の一コマ一コマが異様に小さいような気がする。
1ページに凄い敷き詰めてる。多人数対多人数なのに誰と誰が戦ってるのかがわかりづらい。
まあ、正直、この漫画の登場人物なんて全然覚えてませんけど

なぜか滅多に人が来ないこのブログに昨日25人も来たんだがなぜだ?
だれかの嫌がらせだろうか?どうかいじめないでください。
というより何を目的で見るのか、誰に需要があるのかがさっぱりわからない。

やっぱり今週で打ち切りだったか。
それなりに面白かったんだがなあ。
やっぱりアフロがだめだったのか。
あのキャラ好きって人っているのか?
ライジングインパクトの須賀川より不快だった気がするが。

この漫画見てバスケ始めましたとか言う人いたら面白いですけど。

最終回の展開が「ロケットで突きぬけろ!」を彷彿とさせたと感じたのは僕だけでしょうか?

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/11 Nobu]
[12/11 Kanamura]
[08/24 Nobu]
[08/24 puku]
[08/22 Nobu]
プロフィール
HN:
Nobu
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1988/09/22
職業:
あれ
趣味:
妄想、自堕落
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]